北海道旭川市で生産されている織物です。羊毛を染色し、紡いだのち200色以上もの色を使って織るので油絵のような作品が出来上がるのが特徴的です。

旭川出身の木内綾という女性により考案された織物です。1960年頃から織りの試作が始められ、1962年に工房を発足させました。

初めは「ユーカラ織」と表示していました。(ユーカラとは、アイヌ民族に伝わる叙事詩の総称です。)1980年頃に版画家である棟方志功の命名で「優佳良織」と改名しました。

1978年にハンガリーで行われた国際染色ビエンナーレでは金賞を受賞しました。

旭川市の北海道伝統美術工芸村の中には優佳良織工芸館があり、優佳良織の展示、はた織体験、販売を行っています。装飾やインテリア、バッグ、ストールなど幅広い製品があります。