茨城県筑波郡谷和原村で生産されている正藍染の縞木綿です。

古くから、綿花の栽培が行われており、江戸時代には盛んに生産されていたそうです。もとは紺無地の織物で農作業着として用いられていましたが、現在は伝統的な藍唐桟縞を現代感覚で再現した着物になっています。