奈良県大和高田市付近で生産されていた織物です。木綿の白絣として有名で、かつては「西の大和絣、東の中野絣」と称されるほどだったといわれています。

古くから綿花が栽培されており、木綿の織物が織られていたそうです。宝暦年間(1751年~1763年)に、織物の技術が改良され、大和絣が織られるようになりました。

その後、天保の改革(1830年~1843年)による絹織物禁止令で、大和絣の需要が増え、絣模様のデザインと染めの良さで人気を博し、盛んに生産されるようになったといわれています。明治時代には、木綿の白絣として、全国的に有名になりました。

しかし、安価な綿の輸入や生活様式の洋装化などの影響により、次第に衰退していきました。