青森県の津軽地方で行われている刺し子です。刺し子とは、布地に糸で幾何学模様等の図柄を刺繍して縫いこむことです。刺し子の技法のひとつであるこぎん刺しが有名です。

起源は明らかではないですが、江戸時代には技法が確立していたといわれています。

寒さの厳しい地域で綿花の栽培に適さず、木綿は貴重なものだった為、現在の青森県の西半分にあたる弘前藩により、農民の木綿着物の着用を禁止されており、麻の着物を着用していたといわれています。

保温性に乏しく、擦り切れやすい麻の着物を保温・補強するために刺し子が発展していったそうです。その後、明治時代になると、木綿着物の着用が認められ、また、刺し糸が白い綿糸に変わっていき文様が鮮やかになっていきました。

しかし、明治中頃、交通の利便性が向上し、木綿着物を自由に入手できるようになったことにより、次第に衰退していきました。

現在、白い綿糸だけでなく多彩なものもあります。