青森県弘前市とその近郊で織られている木綿です。

寒さの厳しい地域で綿花の栽培に適さず、木綿は貴重なものでした。その為、江戸時代には、現在の青森県の西半分にあたる弘前藩により、農民の木綿着物の着用を禁止されており、麻の着物を着用していたといわれています。

明治時代になると、木綿着物の着用が認められました。そして、明治中頃には交通の利便性が向上したことにより、木綿の入手が容易になり、盛んに織られるようになったといわれています。

広く野良着として使われていましたが、現在、丹前などとしてわずかに残る程度になっています。