高知県香南市香我美町周辺で生産されている木綿織物です。縞柄と素朴な肌触りが特徴的です。

文化年間(1804年~1817年)の頃、現在の高知県にあたる土佐藩が綿花の栽培を奨励しており、その頃から土佐綿紬が織られるようになったといわれています。

かつては赤岡縞や岸本縞とも呼ばれており、明治・大正時代には普段着として多く着用されていたそうです。その後、着物の需要の低下などの影響で次第に衰退していきました。

現在、ほとんど生産されていないようです。