新潟県十日町市を中心に生産されている先染の絹織物です。十日町紬ともよばれています。繊細で緻密な柄が特徴で、気軽な外出着として人気です。

19世紀中頃、現在は小千谷縮と呼ばれている越後縮の絣技術が絹織物に応用されるようになり、十日町絣が織られるようになったといわれています。その後、明治時代に入ると様々な技法が開発され、絣技術は急速に発展していったそうです。

現在、着物の需要の低下や後継者不足などの問題がありますが、新製品の開発などが積極的に行われています。また、十日町市は日本有数の織物産地となっており、十日町きものまつりなど、着物に関する様々なイベントが開催されています。