東京で染められている友禅染です。多色多彩で華やかな京友禅に対して、渋く抑えた色調や、粋やモダンさのある意匠が特徴です。

友禅の技法は京都や加賀と同じですが、京友禅と異なる点は染めの製作工程です。

京都のように分業制をとらず、構想図案、下絵、友禅挿し、仕上げに至るまでの工程が、模様師とよばれる技術者を中心に、多くは一貫作業で行われています。京友禅加賀友禅とともに日本三大友禅の一つとされています。江戸友禅とも呼ばれています。

参勤交代で諸国の大名が江戸にやってきており、大名のお抱え絵師らが、京都から江戸に移り住むようになっていったといわれています。また、江戸中期には、江戸の人口は100万を越える世界有数の大都市になり、一大消費地でした。

上方から江戸に文化の中心が移っていった文化文政時代(1804年~1829年)に、江戸に居た職人らが、移り住んできた大名のお抱え絵師らに技術を学び、成熟させたのが東京友禅の始まりだといわれています。桂昌院によばれた京都の友禅職人が考案したという説もあります。

江戸は武家中心の文化だったことにより、柄や色合いが渋く落ち着いた雰囲気のものが根付いたといわれています。近年では現代的なモダンなものも作られています。

現在、着物の需要の低下などで生産量は少なくなってきましたが、後継者の育成などの活動が行われています。