東京で染められている型染の小紋のことです。代表的なものは、小さな柄を一色で細かく染めた江戸小紋です。ほかにも、色彩豊かで現在的な型染も含まれます。

江戸初期頃に、武士の礼装である裃に細かな模様が染められるようになってから技術が発達しました。江戸には諸大名の江戸屋敷が置かれた為、武士階級の人が増え、小紋の需要も多くなったそうです。

大名家によって独自の文様があり、紀州家は「鮫小紋」、武田家は「武田菱」というように、小紋の文様を見れば、どこの大名家の家臣かがわかったといわれています。

武士だけのものでしたが、江戸中期頃になると町人文化の発展とともに、次第に庶民の間でも親しまれるようになっていき、男女を問わず着られていました。

一方、江戸時代には贅沢を取り締まる奢侈禁止令がたびたび発令され、生活の細かいところまで規制されていました。厳しい規制の中で、遠くから見たら無地に見えるように文様を細かくしたり、また、密かにお洒落を楽しむ人たちも増え、新しい柄が次々と生み出されていったといわれています。

明治時代になると武士の身分は廃止され、さらに洋装化の影響もあり、男性で小紋の着物を着る人が少なくなり、女性の着物として広まっていきました。

現在、着物の需要の低下や後継者不足の問題などがありますが、東京染小紋は多くの人々に親しまれています。