埼玉県所沢市西部から旧多摩郡村山地方で生産されていた木綿絣です。農家の副業として生産が始まりました。

江戸時代に、旧多摩郡村山地方で生産が始まった木綿絣が起源といわれており、村山絣とも呼ばれていました。そして、所沢にも技術が伝わり、木綿絣が生産されるようになったといわれています。

それらの地域で生産されていた木綿絣が所沢に集荷され、全国各地に出荷されたことにより、所沢絣として世に知られるようになりました。

昭和初期頃まで盛んに生産されており、所沢は織物の町として大いに発展していきました。商標には、「所沢飛白」という字が使用されており、所沢絣の「絣」の字を「飛白」とあてるのは、紺地に白の幾何学模様が多く生産され、その模様の特徴から「飛白」の字があてられたといわれています。

大正時代に入ると、次第に衰退していき、昭和初期頃に生産が途絶えましたが、現在、所沢飛白勉強会により、再現が進められています。