千葉県館山市で生産されている綿織物です。細手の木綿糸を天然の草木で染めた縞柄模様が特徴です。砧打ちをするので、絹織物ような風合いと光沢があります。

安土桃山時代の頃にオランダ船によりインドからもたらされたのが始まりだといわれています。唐棧織とは、細かい縦縞の木綿織物で、棧留縞や唐棧留などとも呼ばれていました。

上流階級の者だけが身につける高価な舶来品でしたが、1830年~1843年の贅沢を戒めた天保の改革により、絹織物の着用が禁止されたため、絹に代わる織物として大流行しました。当時、唐棧織は各地で生産されており、なかでも埼玉県の川越で生産されていた川越唐棧は名高かったといわれています。

館山の唐棧織は、1890年頃に川越の職人より唐棧織の技法を学んだ齊藤茂助が、その技術を館山に伝えたことから始まりました。以来、館山において三代にわたり、その技法を受け継いでいます。

かつて大流行した唐棧織も化学繊維や洋服の普及などによって衰退し、現在、唐棧の伝統技法を伝承しているのは館山の齊藤家1軒のみとなっています。独特な伝統技術を必要とする唐棧織はかなり希少になっています。