兵庫県の丹波地方で生産されている木綿平織の縞織物です。手織りで仕上げられ、絹糸をつまみ糸として緯糸に入れるのが特徴です。色目は藍、茶、緑の濃淡に白を含めた四色の組み合わせによって織られています。

文政年間(1818年~1829年)に播州木綿の影響を受けて織り始められたといわれています。明治中頃までは「縞貫」や「佐治木綿」と呼ばれ、農家によって盛んに織られており、多くの人に親しまれていました。

しかし、明治末頃に機械織機が発展してきたことなどにより途絶えました。

丹波布の復元のきっかけは、柳宗悦が京都の朝市で魅力的な織物を見つけたことといわれています。この織物の調査を上村六郎に依頼し、その結果、佐治木綿であることが判明しました。そして、1954年に上村六郎の指導により佐治木綿が復元されました。

柳宗悦が丹波布の名で紹介して以来、丹波布の名で通るようになったといわれています。

現在、丹波布の技術を伝えていくために様々な活動が行われています。丹波布伝承舘では、機織場や染色場を設け伝習生を育成しており、また、一般の人も体験できるように草木染め教室や機織り講座なども開かれています。