東京都八王子市、あきる野市で生産されている絹織物です。多摩織とは、御召織・風通織・紬織・綟り織・変り綴織の5つの織物の総称です。

■御召織(おめしおり)
表面を覆う細かいシボが特徴の織物。

■風通織(ふうつうおり)
織地が二枚重ねになって模様を表現する織物。

■紬織(つむぎおり)
微妙な凹凸から生まれる風合が特徴の織物。

■綟り織(もじりおり)
経糸どうしが搦みながら緯糸と組んで、糸と糸の間に隙間のある織物。

■変り綴織(かわりつづれおり)
綴織とも呼ばれる朱子織の変化した織物。

多摩織の生産工程の特色は分業にあります。織物業・意匠紋紙業・糸染業・糊付業・整経業・絣加工業・捺染加工業・撚糸業・機拵業・整理加工業といった工程ごとに分化し専門化した職人が多摩織独特の渋い味わいを作り出しています。

この地域は、桑の都とも呼ばれるほど、古くから養蚕が盛んで、平安時代には、絹織物が織られていたという記録が残っているそうです。室町後期に、北条氏により、産業として奨励されたことで産地としての基盤が確立しました。

職人たちは、各地の織物技術を積極的に学ぶことにより、様々な織物が織られるようになり、独自の織物を発展させていったといわれています。特に明治時代以降は、文明開化によって急速に技術が向上していきました。

しかし、生活様式の洋装化による着物の需要の低下などの影響で、昭和中頃から、生産量が次第に減少していきました。

現在、伝統の技術を応用した新製品の開発も積極的に行われています。