沖縄が琉球王国であった時代の首里で織られていた織物の総称です。

14~15世紀頃、現在の沖縄県にあたる琉球王国は日本本土や中国、東南アジアなどと盛んに交易が行われており、その頃、様々な技法が伝わったといわれています。

琉球王国に仕える絵師の描いた図案をもとに、宮古島や八重山諸島などで布が織られていたそうで、それが献上され、首里の上流階級や士族の女性らによって、色・柄ともに格調の高い織物が織られていたといわれています。

一方、紺絣や白絣などの絣の技法も沖縄独自に発展していき、庶民に親しまれていました。そして、首里絣、首里花織、首里道屯織、首里花倉織、首里ミンサーなど、様々な個性を持つ織物が生み出されていきました。

その中でも首里花倉織や首里道屯織は、首里でしか織られていなかった技法だそうです。また、首里花倉織は、沖縄の織物のうち最も格式の高い織物といわれており、王家の妃や王女が夏の着物として着用されていました。

高度な技法と沖縄独自の発展を遂げてきた首里織ですが、廃藩置県やその後の第二次世界大戦による影響で、一時消滅の危機を迎えました。

しかし、昭和末頃から活発な復興が図られており、現在、後継者も育成され、首里の伝統的な技法も若い人々に受け継がれています。着物や帯のほか、洋服地やインテリア用品などの新商品の開発も行われています。