埼玉県羽生市で生産されている織物です。経、緯糸ともに正藍で染めているのが特徴的です。

古くから木綿と藍の栽培が行われており、天明年間(1781年~1788年)頃に、藍染の技術が伝えられたといわれています。武州青縞とも呼ばれ、盛んに生産されるようになりました。青縞とは藍染した木綿で織った織物のことです。

その後、武州型染の技法や、唐棧織と藍染を組み合わせた武州唐棧などの製品も開発され、発展していきました。

現在、生活様式の洋装化などの影響で、生産量は減少していますが、着物だけでなく、ハンカチやテーブルクロスなどの製品も生産されており、藍染の普及のために藍染体験なども開催されています。