宮城県白石市で生産されている織物です。和紙を裁ってこより状にした糸を用いています。通気性にすぐれ、丈夫で軽く肌触りがよいのが特徴です。夏の衣料としては最高級の織物として扱われていました。白石紙子は紙のまま衣類に仕立てていますが、白石紙布は和紙を裁ってこより状にした糸を用いています。

はっきりとした起源は明らかではないですが、江戸初期に織られ始めたといわれています。技術改良しながら発展していき、また、仙台藩に奨励されたことにより、江戸中期には需要も多く、さらには特産品として幕府・朝廷へ献上されるようになり、盛んに生産されていたそうです。

品質でも最良という評価が定着し、全国的な名声を博しました。

しかし、明治に入ると急速に衰退し、生産が途絶えました。昭和初期頃に、伝統技術を復活させようと、佐藤忠太郎や片倉信光、遠藤忠雄らにより研究が始められ、苦労の末、復元に成功しました。

その後、生産が途絶えたり再開したりしながらですが、技術は受け継がれています。現在、職人はわずかです。