宮城県白石市で生産されている和紙製の衣服です。白石紙布は和紙を裁ってこより状にした糸を用いていますが、白石紙子は紙のまま衣類に仕立てています。

紙子の歴史は古く、平安時代には仏僧が着用していたそうです。紙は風を通さないことから、防寒着として発達し、江戸時代には全国各地で生産されていたといわれています。白石地方の紙子は、江戸時代から盛んに生産されるようになり、品質の良さで知られていたそうです。

現在、紙子は白石地方でのみ生産されています。