長野県で行われている友禅染のことです。

江戸時代に城下町を中心に発達したといわれています。草木を染料にし、様々な媒染剤で発色させた染料を混ぜ合わせて色を作る草木染友禅が特徴的です。