しなの木の繊維で織られており、日本の古代織物のひとつです。日本では、木綿や麻が普及する以前から、山野に自生する植物を原料とし、布が織られていました。科布のほかに、葛布藤布などがあります。

科布は、縄文時代頃には織られていたといわれており、しなの木の繊維で織られている布です。平安時代の三代格式の一つである延喜式の中には、朝廷に科布を納めていたことが分かる記録が残っているそうです。

北越の各地に、しな織りが見られたといわれていますが、明治時代になると、紡績技術の発展による綿製品の普及の影響で、多くの産地が衰退し、生産が途絶えました。

現在、新潟県と山形県の羽越国境で織り継がれており、後継者育成や原材料の植林などが行われています。