長崎県島原市で生産されている木綿織物です。丈夫で、藍染糸を地色とし素朴な風合いの美しい柄が特徴的です。

江戸時代から織られ始めたそうで、島原藩に献上されており、全国にも流通していたといわれています。

しかし、次第に衰退していき、昭和初期には生産が途絶えました。

その後、島原木綿保存会により島原木綿が復興されました。名刺入れなどの新製品の開発や人材の育成などの活動が積極的に行われており、現在も伝統技術が伝えられています。