宮城県の仙台で生産されている絹の袴地です。生地が強くシワになりにくく、絹独特の光沢と感触の良さが特徴です。国の重要無形文化財に指定されています。

1711年に、仙台藩の第5代藩主である伊達吉村が、産業振興のために京都から織師である小松弥右衛門を招き、織らせたのが起源といわれています。その後、仙台藩により、保護・奨励され発達し全国に広まっていきました。皇室・幕府などへの贈り物としても用いられていたそうです。

第二次世界大戦後、生活様式の洋装化などの影響で、需要が減少し、衰退していきました。

現在、生産量が少なく、職人もわずかになっていますが、伝統は守り続けられています。袴地やネクタイ、財布などに用いられています。