佐賀県で生産されている織物です。金・銀・漆を貼った特製の和紙を細く裁断したものを経糸、絹糸を緯糸にし、平織または綾織で織られているのが特徴です。

江戸時代に、現在の佐賀県と長崎県の一部にあたる佐賀藩の支藩である鹿島藩の9代目藩主夫人が、病で床に伏していた時、病室の天井の網代組みにヒントを得て考案したものといわれています。

一方では、京都から佐賀藩の支藩である小城藩の鍋島家に嫁いだ女性が、京都で行われていた紙遊び細工から網代組を織りだし、それが発達していったという説もあります。

明治初期に一時生産が中断されましたが、大隈重信の夫人らにより再興されました。

1910年にロンドンで行われた日英博覧会にも出品され、これを機に、組錦や鹿島錦と呼ばれていたものが、佐賀錦という名称で、一般的に使われるようになったといわれています。西陣でも取り入れられ、帯地として生産されるようにもなりました。

現在、着物の需要低下や後継者不足の問題もありますが、新商品の開発や後継者育成の活動が積極的に行われています。