新潟県村上市山辺里で生産されていた織物です。さわやかで、しゃっきりとした風合いが特徴です。

文化年間(1804年~1817年)頃から織られていたそうです。現在の新潟県村上市に藩庁を置いた村上藩により奨励され、発展していったといわれています。 当時は、村上平や村上縞と呼ばれていたそうです。

1876年に、山辺里織と名付けられ、日本だけでなく海外にまで輸出されるほど盛んに生産されていました。

しかし次第に衰退していき、現在、商品として生産されていません。