沖縄県で生産されている型染の染物です。文様は、日本や中国の風物などを数多く取り入れ、伸びやかに表現しています。柄ゆきや華麗な色彩は南国特有のものです。藍一色で染めたものは琉球藍型とよばれています。

琉球紅型の起源は、はっきりとした記録がありませんが14~15世紀頃といわれています。その頃、現在の沖縄県にあたる琉球王国は日本本土や中国、東南アジアなどと盛んに交易が行われており、様々な染色品の影響を受けながら、沖縄の気候風土にあった独自の技法を持つ琉球紅型が生まれたといわれています。

王族や貴族などの身分が高い人々の衣装、儀式や礼祭などに用いられる特別なものとして利用されており、身分に応じて、色合いや模様の大きさも区別されていたといわれています。

18世紀には、現在と同じ工程が確立されていたことが文献から明らかになっており、琉球王国の保護のもと、次第に技術も高められ、発達していきました。

1871年の廃藩置県、そして琉球王国の解体、第二次世界大戦などで衰退しましたが、戦後、城間栄喜らの尽力により復興しました。昔の琉球紅型の中には、現在も染色技法がわかっていないものもあるそうです。

現在、那覇市首里を中心に生産が続けられています。