滋賀県の湖東地方で生産されている麻織物です。近江上布独特の上品な絣模様が特徴です。「しぼつけ」という独特の縮み加工をして仕上げられます。

鎌倉時代に京都の職人が技術を伝えたのが麻織物の始まりといわれています。室町時代には、高宮布として献上品にも用いられ、その後、近江商人の活躍などにより、全国に広がっていきました。

江戸時代になると、現在の滋賀県北部にあたる彦根藩に保護・奨励されることにより、さらに発展し、安定した地場産業となっていったといわれています。

しかし、生活様式が洋装化に変化していくとともに、次第に衰退していきました。

現在、生産量は少なくなっていますが、着物だけでなく、インテリア用品など新商品の開発も積極的に行なわれています。