光沢のあるしなやかな地風が特徴で結城紬と並ぶ高級紬です。鹿児島県奄美大島が発祥の絹織物です。

第二次世界大戦中、島から技術者が鹿児島市に疎開したことにより、現在では奄美大島と鹿児島市が主産地となっております。一部、宮崎県の都城でも生産されています。

昔は、真綿から紡いだ紬糸で織られていましたが、現在では生糸が用いられています。独特の黒褐色の地色をもつ泥染の泥大島が有名ですが、ほかにも、藍染の糸で織った藍大島、藍染と泥染併用の泥藍大島、多彩な色大島や白大島、薄地に織った夏大島があります。

奄美大島では、弥生時代のものと推定される遺跡から紡錘車が出土していることからも、かなり古い時代から織物があったことがわかります。

大島紬の起源は定かではなく、現在の沖縄県にあたる琉球の久米島紬の技法が伝わったものであるという説や、中国伝来の技法を用いた草木染めの綾織の領布が発見されたことより、中国から伝えられた古代染織がもとになっているという説などがあります。

奈良時代には養蚕が行われ、手紡糸で紬が生産されていたといわれています。1720年には、島役人以外の紬着用を禁じたという記録があり、大衆に普及していたのがわかります。

大衆の紬着用を禁じたことにより、現在の鹿児島県全域と宮崎県の南西部にあたる薩摩藩への貢物として作られるようになり、あまり多くは生産されていなかったといわれています。

1870年代に入ると、大島紬は商品として生産されるようになり、この頃から奄美大島独特の泥染めが定着していきました。1897年頃、需要の増加にともない、織機も居座機から高機へと変えられ、生産能率が向上しました。

1907年頃には、締機が開発され、現在の大島紬の精巧で緻密な柄を作りだす技術が出来ました。締機の普及で、手括りによる伝統的な絣作りがなくなったともいわれていますが、時代に合った絵模様を表現することが可能になりました。

1915年頃から、本絹糸が使われるようになり、1921年頃からほとんどの大島紬が本絹糸で作られるようになりました。宮崎県では1947年頃から大島紬の生産が始められました。

そして、大島紬の人気も高まっていき、1972年頃が最盛期でした。

現在の大島紬も、紬と呼ばれていますが紬糸ではなく、本絹糸を用いて作られています。現在、着物の需要の低下により減産が続いていますが、着物だけでなく洋服などへの活用や様々な試みが行われています。