山梨県の大石地方で行われている唐糸織です。唐糸とは、中繭と玉繭の諸撚糸のことです。

大石地方では、天保年間(1830年~1843年)には、黄縞が特徴的な大石紬が織られていたそうです。大石紬のはっきりとした起源はわかりませんが、郡内地方で織られている郡内紬の影響を受けたのではないかといわれています。

明治時代に、唐糸織の技法が導入され、大石唐糸織が生産されるようになりました。

現在、生産量はわずかとなっています。