新潟県小千谷地方周辺で生産されている紬の総称です。

江戸中頃に、小千谷縮の技法を、絹の糸に応用したのが起源だといわれています。

当時は、自家用に織られていたそうで、本格的に生産されておらず、小千谷縮の存在に隠れていましたが、昭和初期になると生産は本格化し、現在の製法の基礎が完成されたといわれています。

そして、人気を博し、全国に流通していきました。

現在、着物の需要の低下などの問題がありますが、着物のほか、インテリア用品なども生産されています。