京都府京都市の西陣地域で生産されている織物の総称です。西陣は日本を代表する絹織物の生産地です。特に、袋帯・なごや帯をはじめとする帯が有名です。ほかにも綴、唐織、羅、錦、緞子、金蘭、御召、紬など、帯から着尺、法衣まで多様な種類が織られています。

5~6世紀頃に秦氏により伝えられた織物技術が起源といわれています。平安時代には、織部司と呼ばれる宮廷の織物の管理をさせる役所が置かれていました。鎌倉時代、西陣の地域は雲林と呼ばれていました。

応仁の乱(1467年~1477年)後、大きく発展したといわれています。戦火を逃れて避難していた職人たちは、応仁の乱が終わると京都に戻り、応仁の乱の際に西軍の陣地があった辺りに集まって織物作りを再開しました。

西陣という地名は、この頃に名付けられたといわれています。この地域が西陣と呼ばれるようになってから、この地域一帯で織られる織物は西陣織と呼ばれるようになりました。

江戸時代には、富裕町人から圧倒的な支持を受けており、また、幕府の保護のもと、西陣織は最盛期を迎えていました。しかし、1730年の西陣焼けと呼ばれている火事により、西陣織は大きな打撃を受けました。

ちなみに、この頃、京都以外の地域でも絹織物が盛んになり、火事の後には西陣織の技術が職人とともに地方へ伝わっていきました。その後の天保の改革(1830年~1843年)による絹織物禁止令などで徐々に西陣織は衰退していきました。

明治維新後、京都府による保護育成が計られることになり、海外の先進的織物技術が導入されていきました。1887年頃から海外の先進的織物技術も定着していき、西陣は最新にして最大の絹織物産地となっていきます。

こうして西陣織は新しい技術を取り入れることにより、幕末から明治維新にかけての危機を乗り越えました。そして、第二次世界大戦後には、機械化がさらに進み、新しい技術が次々に導入されていきました。

現在、高級な着物や帯だけではなく、ネクタイやバッグなど多様な製品が生産されています。