岩手県岩泉町や花泉町で織られている紬です。

起源は明らかでないですが、江戸時代には、現在の岩手県・秋田県・青森県の3県にまたがっていた南部藩に保護・奨励され、盛んに織られていたそうです。寛政年間(1789年~1800年)に幕府への献上品として用いられたことがきっかけとなり、南部紬の名は世に知られるようになったといわれています。

南部紫根染南部茜染によって縞に先染めした織物でしたが、染料の原料である紫草や茜草の入手が難しくなるにつれ白地のまま販売されるようになりました。

現在、職人が少なくなり、生産量もわずかとなっています。