岩手県の南部地方で行われている草木染です。紫草の根、紫根を使って染められています。

歴史は古く、この地域に伝わったのは鎌倉時代以前といわれてます。江戸時代には、現在の岩手県・秋田県・青森県の3県にまたがっていた南部藩の手厚い保護のもと盛んに生産され、産業として発展していきました。

明治時代になると、南部藩の保護がなくなったことなどの影響で次第に衰退していき、職人が完全に途絶えました。

その後、1916年に、岩手県により紫根染の研究が始められ、秋田県にわずかに残っていた職人を招いて技術を学び、独自の技法が開発され、復興を果たしました。

1918年に、藤田謙を主任技師として南部紫根染研究所が設けられ、1933年、藤田謙が独立し、現在の草紫堂を創業するに至ります。

現在、染料の原料の入手が難しくなってきたことや後継者不足などの問題がありますが、洋服地やネクタイなど幅広く生産されています。岩手県出身の作家である宮澤賢治により、「紫紺染について」という作品も残されています。