青森県の南部地方で生産されている織物です。着古した着物や布を細く裂いたものを緯糸に、麻糸や木綿糸を経糸にし、地機で織ります。

寒さの厳しい地域で綿花の栽培に適さず、木綿などの布は貴重なものでした。江戸時代に、着物や布を大切にする知恵から、それらを再生する技法として生み出されたといわれています。

経糸に丈夫な麻糸が用いられていましたが、明治中頃になると、交通の利便性が向上し、木綿の入手が容易になったことにより、経糸に木綿糸が用いられるようになっていきました。

こたつ掛けや帯などが主に生産されていましたが、現在、テーブルカバーやバックなど様々な製品が生産されています。南部裂織保存会も発足されています。