岩手県盛岡市で行われている型染です。

寛永年間(1624年~1645年)頃に始まったといわれています。

現在、江戸時代に武士の裃や小袖を染めた型が活かされています。図柄は、約300種類あります。