愛知県名古屋市、春日井市、西尾市、西春日井郡師勝町で生産されています。京友禅や加賀友禅などよりも、質素で落ち着いた色柄で、1つの色の濃淡で絵柄を描く色遣いが特徴的です。

第七代尾張藩主・徳川宗春(1730年~1739年)の華やかな尾張文化の時代、京都や江戸から様々な職人たちが往来を行き交っていました。この時に友禅の技法が伝えられたといわれています。

徳川宗春失脚後、質素倹約が励行され、友禅の模様の配色も色数を控えた渋い単彩濃淡調の素朴なものとなっていきました。これが名古屋友禅の特徴となり現在に受け継がれています。

名古屋友禅には「手描友禅」と「型友禅」の2つの技法があります。留袖の黒の地色は、名古屋独特の「トロ引黒染」という技法により、艶やかで美しい黒色が表れています。

友禅の技術を後世に伝えていくために、従来の商品にとらわれないスカーフやネクタイ・コースターなどのアイデア商品の開発が盛んに試みられています。