長板本染中形や江戸中形とも呼ばれています。 江戸中頃に生まれた染色技術で、主に浴衣に用いられます。

明治末頃に、注染中形が普及したことにより、次第に衰退しましたが、現在も技術は受け継がれています。