東京都武蔵村山市で生産されている絹織物です。
東京都無形文化財に指定されています。
地色は青みがかった灰色で、藍や独特の赤を用いたモダンなデザインが特徴です。
文様の彫刻を施した木の板を用いて意匠を染める板締の技法が用いられ、
経糸と緯糸、地糸と絣糸を別々に染色した上で、高機による手織りで織り上げていきます。
村山地方では、
古くから綿や藍の栽培、養蚕が盛んに行われていたといわれています。
元禄年間(1688年~1703年)頃に、
縞模様の木綿織物が生産されるようになり、
その後、さらに技術が発達していき、
文化年間(1804年~1817年)頃には、
村山紺絣と呼ばれる藍染の綿織物が織られるようになったそうです。
そして、木綿織物の一大産地となっていきました。
この村山紺絣と慶長年間(1596年~1615年)に開拓された砂川村で自家用として織られていた砂川太織が、
村山大島紬の前身といわれています。
1920年頃に、群馬県の伊勢崎地方から板締染色の技術が伝えられたのをきっかけに、
村山大島紬の生産が始まったといわれており、
綿織物の産地から絹織物の産地へと変化していきました。
大島という名称がついていますが、
大島紬をまねて作られたのではなく、
異なる技法が使われており、

大島紬が本絹糸を用いるようになって流通するようになった際、
それに類似したものとして大島の名が使われ、広まっていったそうです。
人気を博し、盛んに生産されていましたが、
現在、着物の需要の低下などの影響で、生産量は少なくなっています。