沖縄県の綿織物です。竹富島周辺で織られる八重山ミンサーが代表的です。畝のある厚手な地風と、市松状に配した四つ玉、五つ玉といわれる絣柄と縞の組み合わせが特徴です。

はっきりとした起源は明らかではありませんが、14~15世紀頃、現在の沖縄県にあたる琉球王国は中国、東南アジアなどと盛んに交易が行われており、その頃、技法が伝わり、独自の発達していったといわれています。

ミンサーという言葉の由来は、綿で織られた幅が狭い帯(綿狭)からきたといわれています。

市松状に配した四つ玉、五つ玉といわれる絣柄は、「いつ (五) の世 (四) までも変わらぬ愛を誓う」という意味があるそうで、男性に求婚された女性が、その返事代わりに幅の狭い織物を自分で織り、贈っていたといわれています。

また、ムカデの足のような柄は、「足しげくおいでください」という意味があるそうです。

主に男性用の帯に使われていましたが、現在、女性用の帯のほかにも、財布や名刺入れなど様々な製品が作られています。