愛知県の三河地方で生産されている木綿です。

「類聚国史」や「日本後記」によると、平安初期の799年に、現在の西尾市にあたる三河国幡豆郡天竺村に漂着した崑崙人により綿実一袋が伝えられ、これが日本の綿の伝来といわれています。しかし、もう少し伝来した時期は古いのではという考えもあり、正確には定かではありません。

江戸時代に、三河地方で綿の栽培と綿織物が盛んとなり、綿織物は「三白木綿」として江戸方面に送られていたといわれています。そして、西洋の技術を取り入れ、明治時代には「三河木綿」「三河縞」という名で全国に知れ渡っていきました。

現在、手織場が立ち上げられ、「三河木綿」「三河縞」の復元と生産を行っています。