三重県松阪市周辺で生産されている木綿織物です。染色の方法は藍染めが基本で、縦縞の柄が特徴です。

この地域では、古くから木綿が織られていたそうです。江戸初期頃から、本格的に生産されるようになり、江戸に進出した松阪商人によって広められたといわれています。江戸で人気を博し、江戸に店を構えた三井家(越後屋)などの豪商が木綿問屋として繁盛していました。

松坂木綿の特徴的な縦縞の柄は、現在のベトナムにあたる安南から渡ってきた柳条布が起源だといわれています。

明治時代になると、海外から安価な布が輸入されるようになった影響を受け、また、その後の生活様式の洋装化などで、衰退していきました。

現在、生産量がわずかになり、後継者も少なくなっていますが、松阪木綿の継承・再興の活動が積極的に行われています。「松阪もめん手織りセンター」では、機織り体験ができます。