京都で生産されている友禅染のことです。多色使いで優美なデザインなものが多く、金銀箔や刺繍もよく用いられているのが特徴です。隣り合う色が混じり合わないように、糸目糊で防染して、模様を描き染めていきます。たくさんの製作工程がありますが、各分野ごとに分業制で仕上げています。

加賀友禅東京友禅とともに日本三大友禅の一つとされています。

辻が花染など染色技法は古くから伝わっていますが、京友禅は、元禄年間(1688年~1703年)に扇絵師の宮崎友禅斎によって考案されたといわれています。友禅の名称は、宮崎友禅斎の名前がもとになりました。

色彩豊かで絵画のように緻密な模様を着物に染める友禅染は、人々に絶大な人気を博したといわれており、全国的に広まっていきました。

全国的に広まったとはいえ、江戸後期の友禅染は、手作業のため生産量はあまり多くなく、しかもたいへん高価だったため、将軍家・諸大名・豪商などの一部の人が、婚礼衣装などに用いる程度だったといわれています。

明治時代になると、型紙で友禅模様を染める写し友禅が考案されました。これが現在の型友禅と呼ばれるもので、大量生産が可能となり、友禅染が多くの人々に広がっていきました。

現在、着物の需要の低下などの問題もありますが、後継者の育成などの活動が積極的に行われています。