京都で生産された鹿の子絞のことです。代表的なものは、疋田絞で、染め残りの四角の中に点が出るのが特徴です。ほかにも一目、帽子、傘巻きなど多彩な技法があります。全体を絞りで埋めたものを総絞り、または総鹿の子とよばれています。

絞り染めの歴史は古く、諸説ありますが、インドから技術が日本に伝わり、6~7世紀頃には日本各地で行われるようになっていたといわれています。平安時代には、宮廷衣装の文様表現として用いられていたそうです。

その後、改良を重ね、多種多様な技法が考案・開発されていき、室町時代から江戸初期にかけては、辻が花染が盛んに行われていたといわれています。そして、江戸中頃に、京鹿の子絞りは最盛期を迎え、高級な絞り染めとして確固たる地位を築きました。

模様が小鹿の背の斑点に似ていることから鹿の子絞りと呼ばれて、広まっていきました。

現在、着物の需要の低下などの問題があり、後継者不足も深刻化していますが、インテリアグッズなどの新商品の開発や後継者育成の活動が行われています。