宮城県栗駒市に伝わる藍染の技法です。ほかの地域にはない特殊な藍染といわれています。藍染は一般的に、藍瓶を火で温めながら一年を通して染めますが、栗駒正藍染は人工的な保温、加熱をいっさい行わないのが特徴です。その為、夏のみしか染める事ができません。

起源は明らかではありませんが、奈良時代から行われていたといわれています。江戸時代には、仙台藩により藍の栽培が奨励され、盛んに藍が栽培されていたといわれています。

明治中頃は、栗駒正藍染を行っている所が約30軒ほどあったそうですが、第二次世界大戦後になると、技術を受け継いでいるのは千葉あやのという女性だけになりました。

現在、娘の千葉よしのに受け継がれ、栗駒の文字地区にある千葉家だけが伝承しています。