鳥取県倉吉市で織られている絣です。絵をそのまま織り込んだような、複雑で精巧な模様が特徴です。麻の葉、亀甲、山水、松鶴などの模様があります。弓浜絣広瀬絣とともに山陰地方の三絵絣の一つとされています。

江戸末期頃に、久留米絣弓浜絣などの影響を受けて、織り始められたといわれています。明治時代になると急速な発展を遂げ、各地に広まっていき、盛んに生産されるようになりました。

大正時代、繊維産業の工業化に伴い、風通織などの高度な技術を機械化することが出来ず、衰退していきました。

現在、わずかしか生産されていないようですが、倉吉絣の復興が試みられており、後継者の育成や新製品の開発などの活動が積極的に行われています。倉吉ふるさと工芸館では倉吉絣の作品を展示・販売しています。