石川県小松市で生産されている絹織物です。なめらかで光沢があるのが特徴です。紋織を生かした綸子が生産されています。

古くから絹織物が生産されており、聖武天皇(724年~749年)の時代には、加賀絹が朝廷に納められた記録が残っているそうです。室町時代には、将軍家に献上され、加賀絹の名声が高まりました。

江戸時代に、加賀藩の第2代藩主である前田利常に保護・奨励されたことにより、絹織物の生産が盛んになり、織物産業の基盤が確立されたといわれています。

明治時代に入ると、技術が発展していき、様々な紋織物が生産されるようになりました。そして、大正時代、紋織の技術を土台として小松綸子が誕生し、昭和中頃まで盛んに生産され、綸子の一大産地となっていきました。

現在、安価な輸入織物や着物の需要の低下などの影響で、次第に衰退し、生産量は少なくなっていますが、着物のほか、インテリア用品なども生産されています。