福岡県北九州市で生産されている織物です。縦縞模様が特徴的な木綿織物で、小倉木綿ともよばれています。

はっきりとした起源は明らかではないですが、江戸初期には小倉織が存在していたといわれています。徳川家康が小倉織の羽織を着用したという記録も残っているそうです。

嘉永年間(1848年~1854年)頃の小倉織の最盛期には、江戸や京都など全国に流通していたといわれています。

その後、現在の北九州市小倉北区に藩庁が置かれていた小倉藩の産業政策の失敗により、生産体制を混乱させたことや、現在の山口県にあたる長州藩との戦いで職人が離散したことなどの影響で衰退しました。

明治時代になると、一時回復の兆しは見えましたが、社会の変化に対応できず、昭和初期に途絶えてしまいました。

それを、1984年に、染織家である築城則子が苦労の末に復元しました。現在、着物のほか、ハンカチやネクタイ、財布など様々な商品が生産されています。