群馬県桐生市などで生産されている絹織物です。桐生市は京都の西陣と並ぶ程、歴史が古い織物の町で、「西の西陣・東の桐生」といわれるほどです。

桐生の織物の起こりは古く、桐生織の発祥については白滝姫伝説という伝承が残されています。

桓武天皇(737年~806年)の時代、現在の群馬県にあたる上野国から一人の男が京都に宮仕えに出されました。その男は、宮中の白滝姫に恋をしました。かなわぬ恋だと思っていましたが、天皇の前で見事な和歌を詠むことで、白滝姫を連れて帰ることを認めてもらいました。そして、桐生に移り住んだ白滝姫は、絹織物の技術を桐生の人々に伝え、桐生織が始まったといわれています。

現在でも、桐生市には白滝神社があり、白滝姫が祀られています。

桐生織は、かつては仁田山紬と呼ばれていました。鎌倉時代末の新田義貞の旗揚げや、1600年の関ヶ原の合戦で、徳川家康が桐生の白絹の旗を用いたことなどから、桐生の名が全国に広まったといわれています。

江戸中期の元文年間(1736年~1740年)に京都・西陣の織工によって高機が持ち込まれたことにより、金襴緞子や糸錦のような高級織物が桐生で織られ始め、天保年間(1830年~1843年)に本格的になりました。

1872年頃に導入された西洋式の染織法や1877年頃に導入されたジャガード機による紋織の製織など、時代の変化に伴い技術も進み続け、すばらしい絹が生産されていたので、桐生織の名は高まっていきました。

現在、需要の減退とともに生産量は減少し、桐生織は苦境に立たされていますが、着物以外にも、ハンカチやネクタイ・テーブルクロスなど、さまざまな製品が生産されており、先端科学技術を導入した新製品の開発も行われています。

また、映画・ドラマなどへの衣装提供など、様々な方面へ生き残りをかけて進出しています。映画「SAYURI」で、チャン・ツィイーや桃井かおりが身につけていた丸帯は、桐生市で生産されたものです。

伝統工芸士により桐生織伝統工芸士会が結成されており、技術の向上や後継者の研修指導・会員の交流研修などが行なわれています。