東京都八丈島で古くから織られてきた手織りの絹織物です。光沢のあるしなやかな地と鮮やかな黄色が特徴的で、糸は紬糸ではなく生糸を使います。

織りは手織り機による平織か綾織で、模様の多くは縞か格子です。基本の色は黄、茶、黒の三色あり、地色を黄色にすると黄八丈で、茶色なら鳶八丈、黒だと黒八丈とよびます。基本は三色ですが、媒染や糸の組み合わせ、織り方で多様な色を表現できます。

八丈島では、いつから絹織物が織り始められたかは明らかではなく、都からの流人によって絹織物の技術が伝えられたといわれています。最初に文献に出てくるのは、室町時代で、貢納品として絹織物が納められていたことがわかっています。

1515年、北条氏が全島を支配したことにより、租税として上納されるようになりました。江戸前期に、黄八丈を手にすることができたのは、将軍家や大名、御殿女中、豪商などの一部の人々に限られていました。江戸中期頃、現在の黄八丈に使われる染色技術が完成されたといわれています。

江戸後期には、庶民の手にも入るようになり、粋な着物として親しまれ、広く普及していきました。また、歌舞伎の衣裳に用いられたことにより、黄八丈の人気が急激に高まったといわれています。

現在、着物の需要の低下や後継者不足の問題などにより、生産量はわずかとなっています。