秋田県鹿角市で行われている草木染です。茜草の根を使って染められています。

歴史は古く、奈良時代から技法が伝わり、朝廷に献上してきたものといわれています。江戸時代には、現在の秋田県・岩手県・青森県の3県にまたがっていた南部藩の手厚い保護のもと盛んに生産され、産業として発展していきました。

明治時代になると、南部藩の保護がなくなったことや化学染料の普及などの影響で、次第に衰退していきました。

現在、染料の原料の入手が難しくなってきたことなどの問題がありますが、伝統技術は守られています。