新潟県小千谷市片貝町で生産されている木綿です。さらりとした着心地で、着れば着るほど柔らかくなり、肌に馴染んでくるのが特徴的です。

片貝木綿は、柳宗悦が提唱した民芸運動の一環として、昭和20年代に誕生したそうです。民芸運動とは、日常的な暮らしの中で使われてきた手仕事の日用品の中に「用の美」を見出し、活用しようという運動です。

新潟県小千谷市片貝町にある宝暦元年(1751年)創業の紺仁染織工房で生産されています。