静岡県掛川市で生産されている織物です。絹や麻にない、やさしい落ち着いた渋みのある光沢が特徴的です。

日本では、木綿や麻が普及する以前から、山野に自生する植物を原料とし、布が織られていました。葛布のほかに、科布藤布などがあります。

葛布は、縄文時代頃には日本各地で織られていたといわれており、葛の繊維を織り上げた布です。万葉集にも葛布のことが詠まれているそうです。鎌倉時代には、武士の乗馬用袴地に用いられていたといわれています。

江戸時代になると、掛川藩により、掛川の葛布が保護・奨励されたこともあり、盛んに生産され、掛川の特産品として有名になっていきました。ほとんどが裃や袴などに用いられていたそうです。

明治時代に入ると、武士がなくなったことにより、需要が激減しましたが、明治後期からは、襖地として甦り、また、壁紙として外国に多く輸出されるようになりました。

しかし、その後、次第に衰退していき職人も少なくなりましたが、現在も葛布の技術が受け継がれています。